足つぼマッサージ

足の裏を刺激して痛みを感じる理由は、老廃物が溜まっていることと健康上のトラブルがあることの2つが考えられます。心臓から最も遠い足の裏は血行が悪くなり老廃物が蓄積することで、しこりになってしまいやすい場所でもあります。こうしたしこりが足つぼマッサージによってほぐされると、痛みを感じるというのがその根拠です。
つまり、痛いと感じる場所こそ避けないでしっかり刺激をしてマッサージをすることにより、血行を促進して老廃物を体外へ排出することで本当の意味で不調の解消に導いてくれるのです。


手のツボマッサージ

古来より、手にはたくさんのツボがあり、また、全身の臓器に対応する「反射区」があるとされています。それらを活用した「手をもむ」健康法は、現代でも盛んに行われています。
手をもむことを、東洋医学的な見地から見ると、手には指先から経絡(エネルギーの通り道)が通っており、経絡上には無数のツボがあります。
手をもむと、それらのツボが刺激されて、気の流れがよくなるとされています。
また、西洋医学的にも、手をもむことの有効性を説明できます。手をもむと、副交感神経(心身をリラックスさせる神経)が活発になり、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)が整います。
さらに、手をもむと末端から全身にかけて血流がよくなり、体が温まります。そのことで免疫力が上がるのです。


指圧

指圧は体の指圧点に持続的な垂直圧を与える施術です。 指圧による刺激が筋肉をほぐし、コリ、うっ血などを解消します。 また可動域が広がるので柔軟性が改善します。 さらに血流などの体液循環も促進するため、むくみの解消はもとより、内分泌や自律神経系の調節にも効果が期待できます。


アロマオイルマッサージ

代謝を良くしてデトックス効果アロマオイルを使用してでリンパマッサージをすると筋肉が刺激されて代謝が良くなり、滞っていたリンパの流れも改善します。 むくみを解消し、老廃物の排出を促進できます。 アロマの香りでリラックス効果アロマの香りのリラックス効果も期待できます。